星のや東京 客室ご紹介

旅行

こんにちは❣

くまこです🧸

【星のや】シリーズ第5弾(*^-^*)

【星のや東京】です。

星のやの始まりは、1914年(大正3年)に長野県軽井沢で開業した【星野温泉旅館】で、東京・大手町にある【星のや東京】は2016年7月開業、星のや5号店です。

今回は結婚記念と私の誕生祝いに、4月3日に1泊してきたので【星のや東京 客室】をご紹介します。

星のや東京 客室 紹介

【広告】

【新幹線・特急のチケット手配】は下の画像からできます。

【広告】

【航空券予約】は下の画像からできます。

外観

東京のど真ん中、大手町にドーンとそびえたつ真っ黒い建物【星のや東京】です。

江戸小紋の麻の葉をモチーフにした抜型で覆われています。

入口にはスタッフさんがいて、お出迎えしてくれます。

エントランス

扉を開けると、お香のいい香りが…。

一番奥突き当りには、桜が生けられていました。

館内は畳敷きになっているので、ここで履物を預けたら、館内は裸足で過ごします。

レセプション チェックイン

エレベーターで2階に上がるとレセプションがあり、ウェルカムスイーツを頂きながらチェックイン。

壁側には星のやオリジナルグッズが並べられていて、筝の生演奏で更に和の雰囲気が醸し出されています。

たくさん日の光が入ってきて開放的。

春らしく、桜餅のウェルカムスイーツ。甘すぎず、ちょうどいい感じです。

星のや東京 客室【百合 ダブル】

今回はキングサイズのベッドを設えられた、星のや東京の基本客室【百合 ダブル】に宿泊しました。

滞在中いつでも、同じフロアにある【お茶の間ラウンジ】を利用することが出来ます。

ドアを開けると、直ぐ左手にはバスルーム、右手にトイレがあります。

奥には座椅子が見えています。

事前に結婚記念日と誕生日祝いで宿泊することを伝えていたからか、星のや東京オリジナル甘酒のサプライズプレゼントを頂きました!

お砂糖不使用、麹の優しい甘さの甘酒でした。

こちらはクローゼット。

扉も和の雰囲気が漂っています。

お揃いの着物(滞在着)に着替えて、館内やちょっとしたお出かけを快適に楽しめます。

お茶セットもありますが、部屋を出ればすぐに【お茶の間ラウンジ】でコーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティー等自由に飲めますので、部屋では利用しませんでした。

障子を開けると隣のビルがありますが、麻の葉の模様の目隠しがあるのでほとんど気になりません。

星のや東京 客室 感想

【星のや東京】は、東京のど真ん中にあることを忘れさせてくれるくらい、日本の伝統文化がそこかしこに取り込まれていて、初めて来たのにしっとり落ち着く、そんな雰囲気の館内でした。

やっぱり星のやは裏切らない( *´艸`)

今日も最後までお読みいただきありがとうございます❣

よい一日を🧸

【広告】

【新幹線・特急のチケット手配】は下の画像からできます。

【広告】

【航空券予約】は下の画像からできます。

くまこ
くまこ

国内星のや5ヶ所、リッツカールトン、ハワイハレクラニ宿泊経験ありの、ちょっといいホテル、ちょっといいグルメが大好きなブロガーです。今一番ハマっていることは、スキューバダイビングです。経験本数22本の初心者ダイバーですが、これから国内外問わず、きれいな南国の海にどんどん潜りに行きたいと思っています。過去には教員10年半、エステティックサロン7年半勤務していましたが、もっと時間に自由な生活を送りたくなり、2019年に退職。とにかく旅行が大好きなので、このブログで旅行やスキューバーダイビングについて発信していきます。
InstagramやXのアカウントも紹介していますので、よかったらフォローして下さいね。

くまこをフォローする
旅行
くまこをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました